おじさんがディズニーシーへの不満をぶっちゃけます

スポンサーリンク

ディズニーと言えば100人いたら99人は好きだという絶対的な存在。

そんな王様のネガティブな部分を書くわけですから、僕も相当な覚悟を持って記事にします。

とは言っても結果的には超楽しめました(笑)

でも「ディズニー楽しかった~」なんて記事はその辺に溢れかえってるので、今回はディズニーシーを体験して不満に思ったことを記事にしようと思ったわけです。

ディズニーシーへの不満点

寒い…

最大の不満は寒さ。

11月30日(土)朝6時半~夜22時までの合計15時間半ディズニーシーにいたわけですが、ほとんどの時間、寒さに震えていました。

「厚着してこいよ」

と、言われるかもしれませんがヒートテック4枚重ね、パーカー、コート、ホッカイロ5枚貼りの装備でも終始震えていたので、冬の海風の寒さは想像以上でした。

まず室内のお店が少な過ぎる点。

ポップコーンなどもそうですが屋台が多く、お土産店以外で寒さをしのげる室内がほぼありません。

開放感を売りにしたいのはわかりますが室内で休める場所が少なすぎませんか…?

まぁ歩いているときはお土産店やカフェでなんとか休めますが、アトラクションの列に並んでいるとそうはいきません。

ファストパス以外で土曜のディズニーシーの人気アトラクションの待ち時間は大体2時間以上ですよね。

8時開園に向け6時半から並んでいて、開園と同時にトイ・ストーリー・マニアまで走っていったのに1時間以上待ちましたからね。

その間、日陰で冷たい風に打たれる寒い中、待たされるわけですから、たまったもんじゃありません。

若い方はディズニーで遊べるということでテンションが上がりまくってるから気にならないと思いますが、中年にはひたすら寒空の中、待たされるのはきついわけですよ…

で、思ったのは何故この並ぶスペースを室内にしない?ということ。

室内に入れるのはアトラクションに乗れる10分前くらいの列からですが、長蛇の列のところも普通に室内にしてエアコンきかせてくれても良くね?と思いました。

室内に入れる直前の建物の屋根があるところで上から風が出ていたので暖房かなと思ったら普通に冷風が出ていて「何じゃこりゃぁ?」と不思議に思いました(;^ω^)

今回は冬でしたが、夏は猛暑の中、あの人口密集地に長時間並ぶことになるので、いずれにしても地獄です。

ベンチなども、もっとたくさん設置したり、列に並ぶときのストレスを軽減させる努力をしてほしいと思いました。

ディズニーだからみんな不満言わないと思うのですが、あれだけ儲かってるなら気を遣っていただきたいもんですよね!

ファストパスの複雑さ

わかっている人は簡単に思えるかもしれませんが、ディズニー初心者にとってファストパスの取り方もよくわかりません。

特に何人かで行くときに、それぞれのファストパスをまとめたり、いつ?何個取れるの?等、疑問に思うことがいっぱい。

アプリでファストパスが取れると書いてありましたが、そもそも中高年齢者にとってスマホの使い方が難しいです…

アプリを使わない場合はファストパス発券所で「ファストパス・リマインダー」を取得すると書いてありますが、指定時間もあり、すぐにファストパスも満員になってしまうのでアプリと比べて圧倒的不利ですよね。

アトラクションの列に並んでいる場合などはファストパス発券所まで行くことが難しくなりますし。

今回は友達と行ったのでディズニーに詳しい女性陣が色々とやってくれましたが、結局色々と説明受けてもファストパスのシステムはサッパリわからず(;^ω^)

ディズニーに自分が引率する形で行く場合は事前に勉強してから行くことをオススメします!

夢の国の住人を理解すること

ディズニーマジックにかかっている方ならば何でもOKだと思うのですが、特にディズニーが好きでもなく嫌いでもないどっちでも良い僕なんかにとっては色々と疑問点も出てくるわけです。

ショーの抽選に当たって、屋外の「イッツ・クリスマスタイム」と、室内の「ビッグバンドビート」を見たわけですが、正直別にディズニーでやらなくても良くね?と思っちゃいました。

キャラクターが出てくればディズニー信者は満足するとは思うのですが、歌やダンスはほとんどが人間。

普通のミュージカルを見ている感じだったので、わざわざディズニーでやることかな?と思いましたし、それなら一つでも多くのアトラクションに乗りたかったなと思いました。

結局、キャラクターの中に入ってるの人間ですしね(笑)

ちなみに今、言った言葉をディズニーの中で言ったら、とんでもない顔で睨まれると思うのでご注意を。

プルートが落ち込むシーンがあるのですが、友達が「昨日飲み過ぎて二日酔いが辛いんだなきっと(笑)」などボソッと冗談を言ったら周囲の人からガチで睨まれましたからね。

彼らは普段の辛い現実から抜け出し、夢の国という非現実的な空間で思いっきり楽しみたいので、決して現実を思わせる発言を園内でしてはいけません。

ディズニー信者と言われる方々の多くは、自分もディズニーという夢の世界を演出している一人だと信じているので、そこを理解しながら接してあげると良いでしょう。

ディズニー価格

キャラクターが描かれているだけで小さなタオル5枚セットで2500円

僕の感覚だと、とても高いと思うのですが、ディズニー好きの方々すれば、どうやらお得らしいです。

まぁキャラクターはブランド価値ってことで高くても良いのですが、レストランの値段もまあまあの高額。

このスペシャルセットとお酒で¥2,620
300ml程度しか入ってなさそうなビールが1杯800円

ディズニーのキャラクター絡みであれば、付加価値入れて妥当だと思いますが、量も少なく、正直あまりおいしくなかったですし、この程度で強気な値段設定は、ディズニーマジックに甘えてるんじゃないか?と思ってしまいます。

良かった点

不満は出し尽くしたので、ここからは良い点を挙げていきます。

最高に感動したのはソアリン
何の事前情報もなく、どんな乗り物かわからず乗ったので更に感動はMAXへ。

人生で一度は空を飛んでみたいと思ったことはありませんか?
それを叶えてくれるアトラクションです。

元々、僕は大自然が好きでNHKが深夜放送している、ただ山の風景を映していく番組があるのですが、あのような大自然の中を飛び回る感じ。

正直、ディズニーのアトラクションレベルは全体的に高くないと個人的に思うのですが、ソアリンは今まで乗ったどんなアトラクションよりも楽しかったです。

それと夜の雰囲気は最高。
昼間も開放感があり、遠くに富士山が見えたりと色々な景色を堪能できましたが、夜のムーディーな感じは絶品。

中高年の夫婦があの空間に行ったら、また恋愛していた頃の感覚を取り戻すかもしれません。

結構暗いのでオレンジの灯りで肌もキレイに見えますし(笑)

まとめ

散々ディスってきましたが、また行きたいと思っている楽しい場所です。

ただ若い人と同じような楽しみ方は我々中高年齢者には厳しいと思うので、自分なりの楽しみ方を見つけていきたいですね。

平日は比較的すいているみたいですが週末に行く方は是非事前計画をしっかり立てて、アプリの使い方、ファストパスの取り方なども下調べした上で行くことをオススメします。

行き当たりばったりで楽しもうとすると、恐らく乗りたいアトラクションに乗れず、ただひたすら並ぶ苦痛の時間を味わうことになる確率大です(T_T)

それでは皆様ボンヴィアッジオ(^^)/

タイトルとURLをコピーしました