履歴書不要!面接不要!ニートでも採用される仕事とは?【求人情報】

スポンサーリンク

信じられないかもしれませんが僕のような中高年齢ニートだとブラック企業ですら採用されないのが現実。

そんな中、ニート、フリーター、フリーランス、主婦、副業をお探しの方等、誰でも採用してもらえる仕事をご紹介します。

誰でも働ける仕事

その仕事は、

ウーバーイーツ配達員

ご存知の方も多いと思いますが今や錦織選手をCMで起用できるほど力を持った企業です。

2016年9月から東京でサービスを開始したUber Eats(ウーバーイーツ)

その当時はほぼ誰も知らなかったのですが、今では都内で緑色の大きな配達バッグを背負った配達員を見かけない日は無いほど需要のあるサービスとなりました。

仕事内容は?

【料理を運ぶだけのお仕事】

これだけです。

大まかな流れを少し説明すると、

Uber Eatsのアプリを起動

注文が入りお店の場所が通知される

お店に料理を受け取りに行く

受け取ったら注文者の場所が通知される

注文者に料理を届ける

報酬が貰える

めちゃくちゃシンプルじゃないですか?

職歴のない僕のようなニートでも出来る簡単なお仕事です。

自分の都合良い時間に仕事できる

・アプリを起動し「出発」ボタンを押したら仕事開始
・終わりたいときも同様にボタンを押してオフラインにするだけ

要するに仕事する時間を自分で決められるのです。

シフトや入らなきゃいけないノルマみたいなものも一切なく、数か月配達しなくても、

「金なくなってきたな~。あっ!配達するか」

という感じでも全然OK!

自分が起きたいときに起きて、寝たいとき寝るニートには最適の仕事だと思います。

給料はどのくらい稼げるの?

自由な時間に仕事できる代わりに時給制ではなく出来高制。

自分が配達した分だけお金が貰えます。

時給制でしかアルバイトしたことがない人は少し戸惑うかもしれませんね。

ただしウーバーイーツ配達員は時給換算すると1時間2000円という高時給も目指せる効率の良い仕事です。

むしろ3時間集中して6000円稼いで帰宅できる仕事に慣れてしまったら、時間がすぎないと終われない時給制の仕事が嫌になるかも…

僕もベテランニートなのでよくわかるのですが、ニートはここぞと思った時の集中力は凄いです。

持久力がないだけで(笑)

なので3時間ほど夢中になって仕事して帰宅するというのがニートにとってベストのスタイルだと思います。

履歴書不要!面接不要!

ニートにとって採用の段階が最も鬼門

学歴や職歴がない真っ白の履歴書を提出したときの面接官の諦めた表情…(笑)

引きこもりニートが相当な勇気を出して面接に行くのに軽い雑談をして終了し後日不採用が確定の繰り返し。

「もう応募なんてしない!」

となり、またニート期間が延長されるだけです。

その点、ウーバーイーツ配達員は履歴書不要で学歴や職歴も確認されることはありません。

一応、仕事内容やアプリの説明を詳しくしてくれる登録説明会という名の30分ほどで終わる場がありますが、僕のときは可愛い20代前半女性が応対してくれたので、30分が一瞬で終わりました(笑)

この30分ほどで終わる説明を聞いたら、もうウーバーイーツ配達員としてすぐデビューできるので、ニートとしては鬼門である採用試練を一気にすっ飛ばせて働けるのです。

デメリットは?

ウーバーイーツ配達員の魅力をお伝えしてきましたが、唯一のデメリットと言えば、

Uber Eatsのサービスエリア限定の仕事

ということ。

【Uber Eatsサービスエリア】
東京、埼玉(さいたま市、戸田市、川口市等)、千葉(市川市、船橋市等)、神奈川(横浜市、川崎市)、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡
※2020年中に広島エリアが追加される予定

ここに住んでいなくても電車でサービスエリアまで向かって駅近くにあるシェアサイクルで自転車を借りて配達することも可能。

Uber Eatsの登録説明会で説明があると思いますが月額4000円で借り放題プランもあります。

逆に考えると日によって配達するエリアを変えたり、常に冒険心を持ちながら飽きずに仕事ができます。

配達員登録

ニートによるニートの為のプレゼンでしたが、いかがでしたでしょうか?

僕のような人生負け組確定ニートが出来るなら正直誰でも出来る仕事ということです。

まずは登録して詳細をGETしてみませんか?

※招待コード付きなのでどうぞm(__)m

↓↓↓

配達員登録

タイトルとURLをコピーしました