ひきこもり不登校ニートの子供を持ったら障害年金申請を準備したほうが良い理由

スポンサーリンク

2018年の不登校の児童数は、

・小学生
4万4,841人(前年度3万5,032人)

・中学生
11万9,687人(前年度10万8,999人)

・高校生
5万2,723人(前年度4万9,643人)

僕は中学時代から引きこもりニートでしたが、いつの時代も不登校は無くならないな~と常々思います。

経験談ですが子供が不登校になると、まず親が感情的になりヒステリックを起こします。

不登校になってしまった子供も悩み苦しんでいるのが現実ですし、親はまず冷静になり、長年不登校になってしまった子供の為に何ができるかを考えてほしいので、今回は親の目線から記事を書きます。

不登校の息子、娘を持つ親御さんは是非参考にしていただけると嬉しいです。

親ができること

不登校になり、ひきこもりの子供相手に親がしそうなことは、朝になると、わざと物音を立てたり、うるさくして子供を起こそうとすること。

そして学校に行かないことをネチネチと言い、一緒にいる時間に常にプレッシャーをかけること。

子供に「どうしてわかってくれないの?あなたの為を思って言ってるのよ」と、怒りをぶつけたり悲しんでいる姿を見せること。

どれも全くの無意味。

むしろ逆効果です。

僕は不登校の当事者で、あの頃に戻ったら学校に行けるか?と言われたら恐らく行けません。

なので学校に行かせたい場合の解決法はわかりません。

しかし学校にどうしても行かない子供の為に親御さんに準備してほしいことがあります。

障害年金申請の準備

40代現役ニートである僕はとても後悔しています。

今は両親が大好きですが、唯一、子供の頃、こうしてほしかった!という願いがあるとすれば、

「精神科に連れていってほしかった」

これだけです。

正直なところ、精神科に通っていたとしても学校には通わなかったでしょう。

しかしながら精神科に通い、精神的な病気であることを認定してもらい通院を続けることは障害年金申請において実績となるのです。

「何故、障害年金?」

と、お思いでしょうが、子供の頃、ひきこもりニートだった子供は結構な確率で大人になってからもニートになってしまいます。

大人になってからもニートでいる人は、子供時代もニートだったいう人が8割もいます。

ニートの定義は15歳~34歳ですが、それ以降60歳くらいまで対象を広げると日本全国で100万人は軽く超えるデータが…

ニートの子供が50歳になり、親が80歳になる8050問題もニュースでよく取り上げられていますね。

そこで最大の問題はニートは収入がないので、親が全てのお金を出していかなければならないということ。

子供の頃だったら、まあ仕方がないかもしれませんが、上記の通り中高年になってもニートであり続ける可能性もあります。

その時の為の障害年金なのです。

障害年金って簡単に貰えるの?

申請すれば簡単に障害年金が貰えるわけではありませんが、子供の頃に精神科の診断を受けるというのは非常に有利に働きます。

発達障害と診断されることもありますし、鬱病や統合失調症など、思春期は精神的に、とても弱い時期なので、精神障害になってしまうことは何も不思議ではありません。

ひきこもりも大切な実績の一つ

ひきこもりになってしまうほどの精神状態だと診断されることもありますし、精神障害の障害年金を判断する基準が書いてあるガイドラインに「考慮すべき要素」の一つとして記載があります。

実際に障害年金が貰えるようになるのは20歳になってからです。

学生時代から通院をし、精神障害と診断されていることが障害年金を申請する上で最も大切な準備だと思います。

ちなみに僕は社会保険労務士の資格を持っていて、現在、障害手帳や障害年金の申請を無償ボランティアとして相談にのったり、お手伝いしているので、是非お気軽にご相談ください。

障害年金の金額

20歳前の精神障害に関する障害年金は国民年金の障害基礎年金となるので貰える月額は、

障害基礎年金2級=約65,000円
障害基礎年金1級=約81,000円

と、なっております。

何もしないで、ずっと家に引きこもっているニートを食べさせるのに、このサポートは大きいと思います。

更に20歳からの年金保険料支払いも法定免除となるので月額約16,500円の支払いが無くなります。

法定免除は保険料が免除されるだけではなく国民年金保険料を満額支払ったのを1とすると2分の1が国庫負担により納付期間として反映されることになるので儲けもんですよね。

最後に

親御さんにとって子供がニートのまま大人になるのは辛いと思います。

しかし子供が突如覚醒して立派な大人になるのを期待するよりも、なんとか精神科に通院させて、今から障害年金申請の準備をすることをオススメします。

子供にとっても感情的になっている親と話すよりも、話を聞いて理解してくれる病院の先生と接することで気持ちが前向きになる可能性もあります。

不登校になった子供は何より孤独…

この世に自分の味方は誰もいないと思わせてしまったら、自ら行動しようなんて気は全く起きません。

ひきこもりは特別なことではありませんが、ニートになってしまうのは精神障害が原因である可能性が高いです。

僕は【ニート100万人全員障害年金計画】を実現する為、底辺からですが活動を始めているので、何かお手伝いできることがあれば何でも言っていただけたらと思います。

子供さんの説得にもご協力致します。

子供、そして親自身の将来の為にも、まずは是非病院に連れて行ってあげてください。

タイトルとURLをコピーしました