未経験からプログラマーになってニートを卒業する方法

スポンサーリンク

わたくしは40オーバーの手遅れ中高年ニートですが、10代~30代前半のニートの方であれば、まだまだ可能性は十分あります。

今のうちに特別なスキルを身に着けてください。
僕のように職歴も無しで何も身に着けず35歳オーバーした時には、もうブラック企業ですら不採用になり人生詰みます。

今、思えばプログラミングの勉強しておきたかったな~と心から後悔しています。

プログラマーになれる素質がある

ほとんどのニートは一日中自宅でパソコン、スマホ、ゲームなどをしていると思いますが、そのどれにも関係してくるのがプログラミング

パソコンを常に触っているニートであれば自然とタイピングスピードも速いですし、ゲームの大まかな仕組みもある程度理解しています。

それに一日中パソコンが出来るというのは実は相当すごい体力と集中力が必要であり、ニートとして堕落した生活を送っていると思いきや、プログラマーとしてやっていけるタイピング、知識、スタミナを、いつの間にか身に着けていたわけです。

プログラマーの求人

プログラマーは常に人材不足と言われている市場なのでニートがプログラマーになっても需要は高いです。

平成28年に、経済産業省が「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」で発表したものに【2030年には約79万人のIT人材不足になる】というデータがあります。

ただし最近、企業側はプログラミングのスキルよりも人柄を重視するという方向性になっているので人との関わりが苦手なニートにとって採用されやすい市場かというと、そうではありません。

では、何故ニートにプログラマーをオススメするのか?

答えは一人でやっていけるからです。

何も会社に所属しなくて良いのです。
ほとんどのニートは対人関係が苦手だと思いますので、むしろ会社で嫌な人間関係で心を病んでいくより、フリーランスとして自分でやっていくことをオススメします。

例えばプログラミングを学んだ直後は、いきなり大きな案件は難しいと思うので、こちらの「ココナラ」で自分が自信を持っているスキルを出品して仕事を貰い修行を重ねたほうが良いでしょう。

知識・スキルの販売サイト【ココナラ】

一つ一つの小さな案件をこなしていくことで確実に経験値を積んでいけますし、レベルアップが期待できます。

その他にもランサーズやクラウドワークスと言ったクラウドーソーシングサイトにたくさん仕事があるので、自分の出来る範囲でこなしていくことによって、十分な収入を得られるようになります。

プログラミングスクール

プログラマーになるのであれば、やはりプログラミングスクールに通うのが鉄則ですが、ニートにとって学校に通い続ける辛さは耐えがたいものがあります。

それは僕もよくわかっているので、ニートの方にオススメのプログラミングスクールはオンラインで受講できる「TechAcademy」

まずメリットとしてはスクールとなる場所を借りていないので賃貸料等もかからず、受講料が他より安くなっている点。

貴方にはお金が出せなくても、親に「プログラミングを勉強してプログラマーになりたいから学費出してほしい」と言ったら自分の子供がニートであることをずーっと心配していた親であれば投資してくれる可能性も非常に高いと思います。

学費が安いことで、ろくな先生がいないんじゃないか?と心配になりますが、現役エンジニアとして現場でバリバリにやっている先生なのでご安心ください。

どのコースを受講しようか最初に悩んでしまうと思いますが、サイトメニューにある「はじめての方へ」から「オススメコース診断」があるので、まずは診断してみてください。

僕は「Webデザイン + WordPressセット」になりましたが、やりたいことだったので「簡単過ぎる質問のくせに意外と当たってるかも?」と思いました。

一週間の無料体験にも応募できるので、どんな感じで勉強していくのか実際に体験することが出来ます。

その時に相談も出来るので、自分がどうなりたいか、自分でもやっていけるものなのか?など心配していることを、どんどん質問しちゃってください。

ここまで全て無料なので何のリスクもありません。
とりあえず少し触って、自分でもやれそうか確認するだけでも良いと思います。

ニートから抜け出す道として勇気を出して一歩踏み出してみてください!応援してます(^^)/

タイトルとURLをコピーしました