ニートが社会復帰するキッカケになるオススメの仕事

こんにちは。

今回は元々中年ニートだった僕が社会復帰前にした仕事をご紹介していきます。

ニートから脱出できたのは、簡単な仕事をちょっとずつこなし自信をつけていったのが大きく、現在苦しんでいるニートの方の社会復帰に向け、少しでも力になればと思い記事を書いていきます。

よろしくお願い致します。

ニートの苦しみ

まずニートの定義とは、

・15歳以上34歳以下で通学、仕事していない若年者
・35歳以上は中年無業者・中年ニートと呼ぶ

正確には「家事手伝いをしていない」という項目も入るようですが、家事手伝ってるかどうかなんて曖昧過ぎますし、例えば母親が作ってくれたご飯食べたあとに自分で皿洗ったらニートじゃなくなるのかよ?と不思議に思いますよね。

元々は家事手伝いもニートの数に入れていたようですが、現在は入れないようにしているにも関わらず、2018年の統計によるとニートは71万人もいます。

ニート関連のヤフーニュースでよく見るコメントは

「甘えるな!」
「仕事なんて探せばいくらでもあるだろ!」
「仕事しろ!」

と、ボコボコに叩かれている始末…

これだけは言えます。

ニートを経験したことがない人は、ニートから抜け出せない苦しみを理解できない

(アルバイト・年齢不問・未経験者歓迎・誰でも出来るお仕事です)

勇気を出して応募・履歴書送付

不採用のコピペメールが届く

この連続…

運良く面接をしてもらえても、真っ白の職務経歴書を見た途端、ただの世間話に切り替わり、人事担当の人も「一応ここまで来てくれたんだから5分くらい話してやるか」的な感じになり後日、連絡無く不採用決定

伝え忘れていましたが、これは私のような35歳以上中年ニートが経験した出来事であり、20代のニートの方はアルバイトなどではなく十分正社員を狙える位置にいるので、そこは自信を持ってください。

ただ「まだ20代だからいいや」と余裕ぶっこいてると、気付けば35歳を超え、求人見ても35歳以下という年齢の壁で弾かれ、人生詰む危険性もあるのでご注意を…

ニートあるあるですが、不採用になったところが、それからもずっと求人募集しているという屈辱(笑)

ニートでも出来る仕事

上記の通り、ニートを必要としてくれる企業なんてほぼありません。

20代の頃なんてアルバイトならどこでも出来るだろと思っていたのに、今じゃアルバイトですら雇ってもらえず…

そこで僕が見つけたのは業務委託系のお仕事。

在宅ライター

ニートらしく、部屋にこもり切りでPCをしていたのでタイピングは少しは出来ました。

まず始めてみたのは在宅ライター。

「ライター」と聞くと専門的な知識が必須で取り掛かりにくそうですが、何も最初は難しいことなんてしなくても良いんです。

・記事を依頼したい人
・記事を書きたい人

を、結び付けてくれる「ココナラ」というサイト。

得意を生かして好きな時間に副業できる【ココナラ】

「今すぐサービスを出品する」から自分の得意なジャンルの記事作成を出品できます。

例えば

・アニメ「〇〇」のオススメポイントを書けます。

・ゲーム「〇〇」の効率良いレベル上げの方法を書けます。

・ニートの生活を詳しく書けます。

など、自分が書ける内容で出品登録をすれば良いのです。

自分の興味ある案件だけを選び、好きなように書けるので、精神的なストレス無しで作業が出来ます。

ハマっていたアニメ、ゲームのことならば、むしろ楽しみながら記事作成が出来そうですよね。

この仕事が良いところは、なんと言っても自分がしたい仕事だけをしていれば良いこと!

色々な知識を得たいという方は初のジャンルにチャレンジし、リサーチを重ね、今後の社会復帰する時の為に自分自身の知識をレベルアップさせていくのも良いと思います。

ウーバーイーツ配達員

2019年ヒット商品ベスト30で11位にも選ばれるほど大流行した料理をデリバリーするサービスUber Eats(ウーバーイーツ)

副業としてもウーバーイーツ配達員は大人気です。

・Uber Eatsサービスエリア
東京、埼玉(さいたま市、戸田市、川口市等)、千葉(市川市、船橋市等)、神奈川(横浜市、川崎市)、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡

最近は自転車もレンタルできるところ多いですし、電車で現地まで行ける方であればお仕事できます。

仕事内容としてはアプリで通知が来たらお店まで料理を取りに行き、受け取ったら注文者の元に運んで配達完了という極めてシンプルなお仕事。

更にUber Eats配達員になるときには、履歴書も面接も不要で、動ける体とスマホさえあれば誰でも配達員になれます。

Uber Eats公式登録サイト

詳しい登録方法などはこちらを参考にしてください。

このウーバーイーツ配達員はニートにとってたくさん良い点があります。

好きな時間に仕事できる

いつ寝て、いつ起きるかも自分次第のニート。
僕は大抵、朝方に寝て昼過ぎに起きるという生活でした。

ウーバーイーツ配達員であればシフトなんて面倒なものは当然無いですし、夕方からアプリをONにして仕事を開始し、夜ご飯タイムというピーク時間でたくさん配達をすれば時給2000円ペースで稼げる日もあるので日給6000円ほどに。

自分の好きな時間に仕事して、したくない時間は仕事しないという理想の生活が可能。

人付き合いがない

人間関係が苦手な人が多いニートにとってウーバーイーツ配達員は理想です。

人と話す機会があるのはお店の人と注文者だけ。
しかも二人とも挨拶程度だけなので、世間話や無駄な愛想も不要で、業務的にこなせばOK。

何も言わず料理を受け取ったり渡したりするのは人としてのマナーがなっていないのでNGですが、普通に挨拶して対応していれば何の問題もありません。

あと上司や同僚などもいないので人間関係のストレスは一切無し。

わからないことがあればサポートセンターに電話すれば優しいお姉さんが、親切に対応してくれたり(^^♪

ウーバーイーツ配達員は完全出来高制で、やればやるだけ稼げる仕事なので、仕事が本来持つ意味を理解させてくれますし、ニートになり失ってしまった自信を取り戻すキッカケにもなります。

そういった意味でも、この正式名称「Uber Eats配達パートナー」の仕事はニートの社会復帰に大いに役立つと思います。

配達員登録はこちらから

アフィリエイト

上で在宅ライターをオススメしましたが、自分でブログを開設し、アフィリエイトをしてしまう方法もあります。

アフィリエイトの方法は色々とありますが、初心者でも可能な形で説明していきます。

自分のブログを作る

自分が書ける内容で記事を書く

ブログを見てくれる人が増える

アフィリエイト広告を貼る

ブログを見てくれた人が購入、登録、クリック等をして広告料が入る

簡単に言うと、こうなります。

アフィリエイトを始める方法で調べたことがある方はわかると思うのですが、絶対にサーバーやらドメインやらをオススメしてきますよね。

要するにあれがアフィリエイトそのものです(笑)

ブログ記事に興味ある人がアクセスし、そこから登録したり購入したりするとブログ運営者にお金が入ってくるという形。

よ~く見ると、そのサーバーやらドメインやらにはアフィリエイト専用URLが貼られています。

僕の場合は、初期費用にお金かけたくなかったですし、気軽に始めてダメなら諦めようと思ってたので無料ブログで始めました。

無料と有料どっちがいい?

無料ブログのメリットとしては、ドメインが強いということ。

ドメインは立地?場所?みたいなもので、例えば「はてなブログ(.hatenablog.com)」は有名なブログサービスでドメインが恐ろしく強いので、六本木や銀座のようなもの。

ブログは「自分の店」と例えたとすると六本木や銀座にお店があったら自然と信頼度もありますよね。

ちなみにドメインが強いというのは、検索したときに上位表示されるかどうかを強い弱いで表しています。

自分でサーバーを借りて、独自ドメインで「〇〇.com」とか短いURLをGETすれば、かっこよく思えますが、誰も踏み入れたことのない土地でお店をオープンしているので、信頼度ゼロからのスタート。

初めはほぼ誰もアクセスしてくれず1日5アクセスとかの日々が続き、検索順位も下のほうにしかならず、モチベーションをごっそり持っていかれる可能性も…

当然、最初からブログ一本で生計立てるんだ~!という方であれば最初からサーバー&ドメイン取得して始めたほうが良いですが、無料ブログからでも全然収益化は可能です。

今まで僕のアフィリエイト最高月収は66万円で、それは無料ブログで書いた記事で稼いだものでした。

アフィリエイト商品

はてなブログで始めて、ある程度のアクセスが確保できたら次はアフィリエイト商品リンクを貼る嬉しい作業が待っています。

「お店にたくさん来てくれる人が増えたから、何を売ろうかな~」

という感じで、自分の好きな物を置けます。

記事のジャンルに合うものを置けば効果抜群なので、色々なアフィリエイト商品を取り扱っている「A8.net」に登録しておくことをオススメします。

試しに登録して案件を確認してもらえばわかるのですが、どれを置けばいいか迷うほどの量。

登録はこちら↑

これがアフィリエイトです(笑)

ネタに困ったら、A8に掲載されているアフィリエイト案件を見て、それをネタに記事を書きあげれば一石二鳥。

例えばアニメ、ゲーム、フィギュアなどのアフィリエイト案件があれば自分が今、見ているアニメに関する記事を書いたり、自分が今やっているゲームの記事を書いたりと、自分の書きやすい記事だけを書くことも可能。

むしろ全然知らないジャンルの記事を書くのは正直つまらないですし、リサーチに時間かかりますし、何より内容が薄くなる…

最近のGoogle先生は、内容の薄い記事では検索上位を取れなくなっているので、自分が体験したからこそわかる充実した記事を書けるかどうかがアフィリエイトで正解できるかどうかの鍵となります。

今までアニメしか見てこなかった、ゲームしかしてこなかった等、無駄な時間を過ごしてきたと一見思いがちですが、それを自分のブログに書くと興味を持った方がどんどんアクセスしてきてアフィリエイターとして成功する可能性も出てくるという面白さ。

今まで弱みだと思ってたことが強みに!

自分の好きなものには、ひたすら夢中になれるニート体質にピッタリと合うアフィリエイターというお仕事いかがでしょうか?

まとめ

それ以外にもいくつか候補を挙げておきます。

ecohai Flex(エコ配フレックス)
https://feste.jp/ecohai-flex/

ポスティング
https://feste.jp/posting/

万引きGメン
https://feste.jp/manbiki/

ecohai Flexはトップレベルの稼ぎとなりますが地域が限られますし、ポスティングとGメンはニートでも可能ですが、強くオススメは出来ない仕事です。

親が、もしお金を持っていて自分に投資してくれる状態であれば「株式会社ウチらめっちゃ細かいんで」という引きこもりニート経験者が主体となり、ニートを救うというコンセプトで会社として事業を行っているところをオススメします。

株式会社ウチらめっちゃ細かいんで
私たちの会社は、ひきこもり経験者が中心となって設立されました。ひきこもりの人の多くは、働きたいと思っています。ただ、安全・安心に働ける場所が見つからないことも多いです。そしてそれは今の時代、ひきこもりの人だけではないと思います。だったら、働きにくさ・生きづらさを感じているけれど、それでも仕事をしたいと思っている人たちが...

ここは説明会などは無料ですが実際にサポートを受けるときは結構なお金がかかるので「ニートビジネス」だと僕は思っています。

しかし自分に投資してくれる親がいるのであれば、このようなニートの気持ちがわかる方々の元で支援を受けたほうが良いとは思います。

僕も親もお金が無かったので、僕自身は上記の在宅ライター&ウーバーイーツ配達員&アフィリエイトで稼ぎながら社会復帰をコツコツと進めていました。

むしろその3つをしっかりやれば本格的に社会復帰しなくても、本業として生計を立てることも可能です。

まずはどれか一つからでも始めてみてはいかがでしょうか?
初期投資もないですし、自分に合ってないと思えば、それで諦めて次に行けば大丈夫です。

今回の記事でニートの方の助けに少しでもなれたら嬉しいと思います。
めっちゃ長文ですが読んでいただき、ありがとうございました(^^)/

タイトルとURLをコピーしました