ニートが社労士資格を取得してもニートから抜け出せない理由

スポンサーリンク

こんにちは。
中高年ニートです。

ニートである僕が数年前に社会保険労務士の資格を取得したときの出来事を書いていきます。

現在ニートやフリーター、もしくは何となく社会保険労務士資格を取得しようとしている皆様の参考になればと思います。

言わずと知れた国家資格

社会保険労務士は国家資格であり合格率が大体4~8%の間くらいの難関試験でもあります。

でも正直、他の国家資格と比べると知名度低いですよね(;^ω^)

具体的に何をする仕事?

と、言われると一言ではなかなか答えづらい資格でもあります。

その仕事は多岐にわたり、人事労務コンサルタントから年金を扱ったりと多種多様。

実はどんな仕事するかわからないまま資格取りました(笑)

ニートが取得した理由

フリーター時代もありましたが、中高年になるにつれアルバイトすら採用してもらえない状況が続き、気付けばニートになっていました。

そんなとき両親から「資格でも取ってみたらどうだ?社会保険労務士はこれからの時代活躍できる資格だぞ」と言われ、参考書も買ってきてくれたようなので、とりあえず勉強を始めてみたという感じです。

勉強方法

勉強してからわかったのですが社会保険労務士資格の勉強めちゃくちゃつまらない(笑)

特に嫌いだったのは年金…

何の楽しさもなく、ただ単に覚えるだけの作業。

逆に楽しかったのは労働基準法。

バイト時代に色々と労働基準法に違反してたことあったんだな~と自分のことに置き換えながら勉強を楽しめました。

ちなみに僕はお金も無かったので資格スクールで勉強するということは出来ず、参考書と過去問の2冊だけ。

学生時代も全然勉強が出来なかった僕が本2冊だけで合格できるので、社会保険労務士試験合格に特別な才能は不要だと思います。

社労士事務所に採用されない

社労士試験に合格したニートがまず行ったのが実務経験を積むこと。

社会保険労務士事務所の求人情報を探してみたのですが、そこには…

・大卒以上
・人事経験3年以上
・35歳以下の方
・女性活躍中

・「大卒以上」
僕は専門学校卒なので除外されます…

・「人事経験3年以上」
その経験を積みたいから求人見てるんですけど(笑)

・「35歳以下の方」
おっさんで資格取っても実務経験は積めないってことか…

・「女性活躍中」
事務所サイトの求人欄にも女性が活躍している写真が…
絶対女性しか採用しないでしょ?という感じ(;^ω^)

・男性
・36歳以上
・未経験
・職歴無し

これでは、まずどこも採用してくれないことがわかりました。

社労士登録してみた

上記でわかる通り、実務経験を積む為に社労士事務所で採用してもらうことは無理だったので自分で社労士登録をして開業社会保険労務士としてやっていくことにしました。

仕事の方法も全くわからないですが、とりあえず登録しておけば何かサポートしてくれるんだろうと思い、親に開業資金を出してもらいスタート。

何が何だかわからないまま県の社会保険労務士会に行き開業届けをしてきました。

まずやってみたのは市の社会保険労務士支部の月例会。

話だけでも聞いてみようかと思ったら、いきなり「新しく社会保険労務士登録をした〇〇さんです。ご挨拶お願いします。」との無茶ぶり(;^ω^)

ずっと家にいたニートが突然社労士の先生方を前にしてマイクでご挨拶…

未経験ですがこれから頑張ります的なことを言ったと思いますが、ほぼパニック状態だったので何を話したのか憶えてません(笑)

先生方と交流

とりあえず現役で活躍されている社労士の先生方のお話を聞ければ、どのような仕事をしているのか、初めたばかりの時はどうしたら良いのか等、貴重なお話が聞けると思い交流の場には積極的に参加しました。

支部の先生方はお酒が好きな方が多く、月例会が終わったあとには飲み会が開かれていたので、僕は毎回参加し、仲良くしていただいた先生から色々なお話が聞けました。

一応、心の奥では修行としてどこかの先生の事務所で働かせてもらいたいという願いはあったのですが、やはり実務経験、職歴もないおっさんニートの需要はありませんでした。

社労士会からの仕事

支部の月例会に出ていると、一応お手伝いとわずかながらの報酬が貰える仕事を与えてもらえます。

僕は会場の設営として月例会を支援する役割を与えられていて、一回3000円ほど貰えました。

それと年に一度ですが社会保険労務士資格試験の試験監督の仕事があり、これは前日準備と当日分で25,000円くらい貰えたので結構稼げました。

とはいえ2年間、開業社会保険労務士として稼いだのはこれだけ。

他にも支部で年金相談などの仕事も来ていましたが、未経験の僕は出来るはずもなく手を挙げられませんでした。

結論

社会保険労務士として具体的にどのような仕事をしていきたいかビジョンが無い者は資格を取得しても意味が無いと思います。

更にニートは絶望的。

「資格を取れば仕事が出来る」

という考えで取る資格ではありません。

社会保険労務士の資格を取る時間と労力があるなら他のもっと簡単で実用的な資格を取得したほうがニート脱却に繋がります。

結局、社会保険労務士は僕のニート脱却には全く役に立たなかった出来事をお話しました。

読んでいただきありがとうございました(^^♪

タイトルとURLをコピーしました