ウーバーイーツ広島の配達員が稼げるパターンを暴露します

2月18日にUber Eats(ウーバーイーツ)フードデリバリーサービスを開始した広島エリア

現在は広島市中区、南区、西区の一部、そして福山市が対応エリアとなります。

まだ開始して間もないので、多くの配達員さんが稼げるパターンを確立していない状況。

そんな中、東京エリアでのウーバーイーツ配達員経験もあり、現在は広島エリアでもバリバリに配達している僕が、実際に稼いでいるパターンの解説と、配達員としてのノウハウを暴露していきます。

登録前の方や、なかなか稼げないという方は是非参考にしてください。

配達員登録がまだの方は、こちらから簡単WEB登録をお願いしますm(__)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
配達員登録はこちら

■実際稼げる?

時給換算では、広島でのアルバイトの給料よりも少し高い程度です。平日だと時給1000円程度、週末のランチとディナーで時給1300円程度が目安です。

ただし、配達スピードや需要の状況により最低賃金を切る可能性もある点、労働者のように福利厚生や保険適用がない点などに注意が必要です。

基本中の基本ですが、ウーバーイーツ配達員は雇われた労働者ではなく、ウーバーに依頼を受けて配達を行う個人事業主です。

時間や体力をいかに配分して売上を最大化するかを考えることが、稼げるか否かを大きく左右します。

プロモーションやクエスト、インセンティブを活用しつつ、時間帯、細かくエリアを選ぶなど賢く稼ぐ工夫が必要です。

■広島エリアパターン分類

広島での配達で、よくある配達パターンを分類しました。

これらのパターンは頻度が多いだけでなく、一度はまるとそのパターンのオーダーのみになってしまい抜け出せなくなることがあります。

同じパターンで効率的に稼ぐこともできますが、距離が長いなど効率の悪いループに陥る可能性もあります。

パターンを認識して、効率よく稼げるように立ち回りましょう。

・本通り→舟入方面
加盟店の密集する本通りエリアから、集合住宅が林立する舟入方面への注文です。
距離は1〜3kmと長すぎず、また逆方向の注文も一定数入るので、比較的効率的に稼ぐことができます。
まれに江波まで引っ張ることがありますが、江波まで行くと効率のあまり良くない吉島⇄観音パターンに流れてしまうことがあるので注意が必要です。
・矢賀駅周辺→向洋方面
矢賀駅周辺には、マクドナルド、濱かつ、ジョリーパスタ、ガストとチェーン店が集中しており、マツダ関連会社や住宅街が密集する向洋エリアへの注文が頻繁に入ります。
距離は中距離ですが、都心から離れる上、逆方向の配達がないため非効率になりやすいパターンです。
本通り付近からこのパターンで呼ばれることは稀ですが、広島駅周辺を走っていると、注文が入ることありますので、注意が必要です。
向洋付近から都心に帰還する策として、2号線を通って比治山、銀山町周辺の注文を狙うことができます。
・吉島⇄観音
北を上にしたエリアマップ上の底辺にあたる地域です。
飲食店と住宅地、事業所が満遍なく散らばっており、双方向に注文が入ります。
しかし、海に近く川が多い上、橋の数が都心に比べ極端に少ないので、移動距離が伸びてしまいます。
都心とも一定の距離があり、なかなか抜け出せない場合が多いです。
長距離の配達が辛くなってきたら、いちどオフラインにして都心に戻るのも有効な手となります。
・鷹野橋→東千田公園
こちらは1店舗ながら、鷹野橋商店街のインドカレー屋「ガネーシュ 鷹野橋店」から、東千田公園周辺の高層マンションへの配達は一定数の需要があります。
都心からも近く距離も短いので、積極的に利用したいパターンです。
これはエリア全体に言えることですが、本格的なインドカレーの注文は、比較的高所得者に人気な印象があります。
例えば舟入の「マサラ」も加盟店ですが、こちらも都心の高層マンションに向けた都心回帰型の注文が多いお店となっています。

■広島エリアの配達で使える便利ルート

広島エリアの中で、主に自転車での配達時に使いたい、安全で走りやすいルートをいくつかご紹介します。

ルート選択の際、より安全で効率的な配達ができるのではないでしょうか。

・平和公園
自転車で本通り舟入間の移動では、平和公園の利用が効率的です。
自転車は基本的にいつでも通行できる他、距離を大幅に短縮でき、路面状態も非常に良いルートです。
土日祝などは観光客が多い場合があるので、注意して通行しましょう。
・川沿い
南北を移動する場合、一般的に大通りに比べ信号も交通量も少ない川沿いの通りが便利です。
小さい通りながら南北をしっかりと縦断しているため、シンプルなルート設計がしやすくなります。
・2号線⇄平和大通りの自転車通行帯
2号線の新明治橋東交差点から平和大通りの大手町に抜ける通りには、自転車通行帯が双方向に敷かれているため、非常に走りやすくなっています。
本通り⇄舟入パターンで利用しやすい通りです。
・万世橋加古町ルート
市役所付近から西方向、加古町や河原町に向かう道路です。
信号が多い、橋のアップダウンが激しいなどのデメリットもありますが、自転車通行帯があるので、自転車にとっては走りやすいのではないでしょうか。

■売上を諦めることも大切

最後に、筆者が東京、広島の2都市で配達員をする中で最も大切にしている考え方をご紹介します。

それは、売上を諦めることを厭わないことです。

初めにも記した通り、ウーバーイーツ配達員は個人事業主です。

それは、配達員自身が配達ビジネスの経営者であるということを意味します。

 時間、体力、配達の合間の食費やバイクの燃料代など、配達を請け負うことで支払わなければならないコストも多々あります。

つまり、売上が上がらなければ、費用が嵩むばかりとなってしまいます。

 需要が少なく注文が入らない、効率の悪い注文ばかり入るなど、仕事がうまく行かない時は思い切って休む勇気が必要です。

特に自転車の場合、いたずらに体力ばかり消耗して翌日筋肉痛で起き上がれないといった最悪の事態を招く場合があるので、潔く諦めることも重要です。

しかしながら始まったばかりのウーバーイーツ広島エリアは、まだまだ配達員が不足していておいしい状況が続いています。

先に始めたほうが稼げる早い者勝ちみたいなところもあるので、早めに配達員登録しておくことを強くオススメします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
配達員登録はこちら

タイトルとURLをコピーしました